動画を使って稼ぐために知るべきこと

投稿日:

最近でYouTuberなどが注目されていますが、成功させるためにはかなり敷居が高いです。You Tubeで収益を得る仕組みは基本的に広告収入と再生数を増やすことですが、チャンネル登録の数が1000人以上にすることや過去12ヶ月の再生時間が4000時間以上と2018年2月より条件が付けられています。チャンネル登録を1000人以上にすることはよほどファンが付かないと難しく、需要が高いジャンルを選び人のために役立てるような内容に仕上げることが必要です。過去12ヶ月の再生時間が4000時間以上は1日に直せば11時間になり、基本的に1時間程度の長さであれば11人が最初から最後まで視聴する仕組みになります。YouTuberを始めるためにはこの2つの条件がのしかかってくるため、事前にクリアしていないとまずは実績作りをすることが必要です。

YouTuberを目指している時は定期的に規約の変更も行われ、参入者も増えやすいことを認識する必要があります。このため、趣味のジャンルであっても人気があれば投稿者は殺到するため、再生数を増やすためには検索を上位に表示させるかリピーターを確保することが必要です。動画はアイデアを考えて撮影を行い字幕やBGMなどを付け、サムネイルを作って相手に興味や関心を持ってもらえるようにしないとスルーされます。また、You Tubeでは事前に規約が決められ、アダルトや相手を誹謗中傷するような内容はできないため自己責任で動画を作成することが重要です。他にも、同じような内容の動画が検出されると盗作だと判断されやすく、自分オリジナルのものにしないといけません。

動画を使って稼ぐために知るべきことは収益を発生させるためには条件があり、初心者であれば結果を出せるまでは時間がかかることです。また、近年では広告のクリック単価が減る傾向があり、いかに再生数を伸ばせるようにしないと限界があります。動画サイトはYou Tubeやトップバズなどがありますが、それぞれの特徴を確かめて自分に合ったものを探すことが大事です。動画は初心者であればプロの作品を参考にするなどコツをつかむまでは苦労しますが、稼げるようになればやりがいがあります。このため、ネットで稼ぐことに興味があれば動画で報酬を受け取れるよう仕組みを把握し、相手に興味を持ってもらえるようにしたいものです。また、動画は一度投稿すると再生してもらえることもあり、何度でも楽しめるようにすると効果があります。