トップバズの基本とは

投稿日:

結論からお伝えすると数年前に比べると参入障壁は高くなったかなと感じます。ただ一番目のハードルさえ達成すれば月数万円〜10万円レベルであればビギナーの方でも全うするできるでしょう。この参入障壁が高くなった所以は「以前に比較して高単価アカウントが成形しにくくなったから」ですね。少しばかり前なら何も心積もりなくても1復活あたり約0.2円のアカウントが製造できていましたが、直近でだと「高単価になる時もあれば、何故か全く単価が上がらない時もある」という状況でしょうか。反対にリユース数自体は現在までと変わらず楽々に集められるので、復活単価の問題さえ達成したら単価を落とさず長期的に運用していくだけです。ご存知の通り、トップバズの主要コンテンツとなるのは動画です。動画を投稿する⇒一新数に応じて収入が現れて…これが利益を得るまで流れとなります。

ついでに、トップバズでは動画だけでなく「GIF動画」や「テキスト」を投稿しても利益が生じてしますが、2018年12月の段階では動画の方がわずかな間で製作可能な&収入単価が上がりやすいという所以から個人的には動画投稿を推薦しています。

ですから、今後トップバズに参入する方は動画コンテンツを製造していくのがベターですね。

参入する分類を決めた後は「その分類で投稿していく動画中身」および市場を全部的にをリサーチしていきます。手っ取り早くに言うと、スポーツカテゴリーの中でもサッカーに特化したアカウントを製造しようと思ったら、「プレイ動画(試合動画)」・「シュートの練習動画」・「名高い選手等のスーパープレイ」・etc…といったようにサッカーという1つのコンテンツをミクロに見ていきます。煩わしいとは言ってもこのプロセスを飛ばしてしまう方もいらっしゃいますが、深くリサーチしておく事で「今後攻める市場で需要がある動画が分かる」・「売り切れにならないかを前もってに見極め可能な」といった大きな良いところもあるわけです。ですから、マインドマップや関連キーワードツールを活用しながら、自らが参入するカテゴリーに不可欠なコンテンツを探っておきましょう。詳しい技術はメルマガ特典でも紹介していますので、記事だけでは汲み取るできなかった方はどうぞそちらもポイントにしてみて下さいね。

分類選択し・市場のリサーチが完了したら実のところに動画を成形していくのですが、覚えておきたいのが「クオリティは高くなくても問題ない」というコト。おっしゃる通り質は高いに越した事はないのですが、一番目から気合を入れた動画を成形する不可欠はないのです。極端な話、iPhoneでサッカーのリフティング動画を撮影するだけでも1つのコンテンツとなります。後は、動画のキャッチコピー(タイトル)を考えれば完了ですね。ただ、バズる動画=現在流行っている売り・他を圧倒する面白い(役に立つ)売り…と印象されている方も多々あると考えますが、トップバズに至っては「YouTubeやらTwitterなどでは全くトピックになっていないような動画」であっても改修回数が伸びる確率は十二分にあります。